指導者のご紹介

我々どもをご指導いただいている、先生方をご紹介します。


野口 芳久 のぐち・よしひさ 顧問・指揮
千葉県君津市出身。1970年 東京音楽大学音楽学部音楽学科作曲指揮(指揮)専攻に入学。指揮を三石精一、F.エッゲーマン、作曲・理論を南弘明、大場善一、ピアノを尾田綾子、高田義恵、チェロを清水勝雄、馬場省一の諸氏に師事。卒業後、同大学研究科に1年在籍。
1975年 東京労音例会に出演。その後、山形交響楽団、日本新交響楽団、東京佼成ウィンドオーケストラ、大阪府音楽団、ニューフィルハーモニーオーケストラ千葉、新星日本交響楽団、NHK交響楽団メンバーによる管弦楽団などを各地で指揮。また、東京室内歌劇場、ステファノ・オペラ劇場、二期会の副指揮を務める。1980年、1982年 東京音楽大学コンチェルトの夕べ定期公演で指揮。1986年 西日本オペラ協会福岡公演で「霊媒」「泥棒とオールドミス」を指揮。1997年 新宿コマ劇場4月公演でミュージカル「アニーよ銃をとれ」を指揮。また、NHK教育TVや四谷青少年管弦楽団、かずさジュニアオーケストラ等、青少年の音楽教育活動にも従事。
当楽団においては、1988年4月より6年間常任指揮者を務め、常任指揮者を退いた後も顧問として当団の育成に関わっている。
現在、東京音楽大学指揮科准教授、全日本リード合奏連盟副理事長、全日本ハーモニカ連盟相談役、君津市民文化ホール理事。

田久保 裕一 たくぼ・ゆういち 指揮
東京学芸大学音楽科卒業。指揮を伊藤栄一、伴 有雄、汐澤安彦、秋山和慶の各氏に師事、またチェロ、室内楽を黒川健氏に師事。1980年〜1992年まで12年間、千葉県習志野市にて小中学校の音楽教師を務めるかたわら、多くのアマチュアオーケストラを指揮し、レパートリーを広げる。1992年に退職し、プロの指揮者に転向。1992年〜1993年、スイス・ルガノにおいて、リヒャルト・シューマッヒャー氏に、ウィーンにてウィーン国立音楽大学のカール・エスターライヒャー教授、湯浅勇治氏、およびザルツブルク・モーツァルテウム音楽院のハンス・グラーフ教授に師事。最優秀者に与えられるマスタークラス終了演奏会に出演、ウィーン・プロ・アルテ・オーケストラを指揮する。また1993年8月、アウアースぺルク宮殿主催の特別演奏会にて二夜ウィーン・レジデンツ・オーケストラを指揮し、ウィーン・デビュー。1994年 上野学園大学音楽学部講師、桐朋学園付属子供のための音楽教室講師。同年11月、ルーマニア・ブラショフ市で開催された第4回「ディヌ・ニクレスク」国際指揮者コンクールにてグランプリを受賞、同コンクールで日本人として初めての優勝に輝いた。また、審査員特別賞「ルーマニア現代音楽演奏賞」と聴衆特別賞もあわせて受賞し、ルーマニア国立「ジョルジュ・ディマ」フィルハーモニー交響楽団をたびたび指揮。演奏はテレビ・ラジオを通じて、ルーマニア全土に放送された。1995年4月 習志野市にて「コンクール受賞記念演奏会」を開く。また同年9月〜10月、ルーマニア室内管弦楽団をルーマニア国内で指揮するとともに、同楽団を率いて来日公演し、「豊かな感性と情熱溢れる演奏」と好評を博した。1996年3月 ブラショフの「ジョルジュ・ディマ」フィルハーモニー交響楽団の定期演奏会に招かれ、絶賛を博す。1997年7月 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団東京国際フォーラム定期演奏会を指揮。また同年11月にスロヴァキア放送交響楽団を、12月にはルーマニアのバカウにて、国立「ミハイル・ジョラ」フィルハーモニー交響楽団を指揮するなど海外での活動も広がっている。これまでに新星日本交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、京都市交響楽団をはじめ、名古屋フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、広島交響楽団、群馬交響楽団、ニューフィルハーモニーオーケストラ千葉等、国内の主要オーケストラを指揮。また、当楽団をはじめ全国のアマチュアオーケストラや合唱団の育成にもご尽力されています。日本指揮者協会会員。東京指揮研究会代表。
田久保先生のホームページ

和田 一樹 わだ・かずき 指揮
 2015年ルーマニアで開催された第6回ブカレスト国際指揮者コンクールにて準優勝を果たし、2017年にはヤシ・モルドヴァ・フィルハーモニー管弦楽団を指揮しヨーロッパデビューを果たす。オーケストラと聴衆から熱狂的に支持され、「最年少最優秀客演指揮者」の称号を楽団の総監督より受け、毎シーズンの客演を続けている。東京都出身。京華中学高等学校、尚美学園大学作曲コース、東京音楽大学指揮科をそれぞれ卒業。
2011年、ブラジルロンドリーナ音楽祭にて優秀賞を受賞しオーケストラを指揮。2009年、オーケストラアンサンブル金沢主催第1回井上道義指揮講習会にて優秀賞を受賞しオーケストラを指揮。
メディアでの活躍も多く、フジテレビ系ドラマ「のだめカンタービレ」において玉木宏、竹中直人に指揮指導、のだめオーケストラではオーケストラを指揮。アニメ「のだめカンタービレ」では音楽監修協力を務める。フジテレビ系列「笑っていいとも!」、特別音楽番組「マンマ!ミュージカ」、「(株)世界衝撃映像社」、「答えはきっと世界にある!」、日本テレビ系「ニノさん」など、定期的なテレビの出演により、クラシックの魅力を紹介している。
CMレコーディングでは東京混声合唱団との六花亭マルセイバターケーキ、江崎グリコ株式会社「ジャイアントコーン」を担当。CM内でも出演し、綾瀬はるかと共演。映画「マエストロ!」において、西田敏行、木下半太に指揮指導の他プログラム監修協力を、映画「モヒカン故郷に帰る」において、柄本明に指揮指導。映画「くちびるに歌を」では葵わかなに指揮指導の他、合唱指導、劇中歌レコーディングの指揮担当の他、指揮者役として映画に出演し、好評を博す。
    現代作曲家の作品を積極的に取り上げる活動にも力を入れ、カプースチンピアノ協奏曲第2番・4番の日本初演を行い、近年では和楽団「煌」において、和楽器合奏の大野理津作曲「夢螺狩」世界初演を指揮。
また、自身の作曲作品においては、京王電鉄・京王ライナーオリジナルBGMを作曲し、好評を得ている。京王音楽祭にて、東京フィルハーモニー交響楽団の演奏で初演された。
これまでに、日本フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、東京佼成ウインドオーケストラ、群馬交響楽団、セントラル愛知交響楽団、東京ニューシティ管弦楽団、広島交響楽団、オーケストラアンサンブル金沢、オオサカ・シオン・ウインド・オーケストラ、静岡交響楽団、東京ユニバーサルフィルハーモニー管弦楽団、VIVID BRASS TOKYO、横浜シンフォニエッタ、東京混声合唱団、ロンドリーナフェスティバルオーケストラ、ジョルジュエネスコフィル、ヤシ・モルドヴァ・フィルハーモニー管弦楽団など国内外で指揮活動を展開している。
2019年現在、豊島区管弦楽団常任指揮、アルテ合奏団常任指揮、リバティベルオーケストラ常任指揮、リベラルアンサンブルオーケストラミュージックパートナー。

横山 俊朗 よこやま・としろう ヴァイオリン・弦楽指導
東京音楽大学付属高等学校を経て東京音楽大学卒業。1986年にNHK交響楽団に入団。 付属高校在学中に、日本学生音楽コンクール東日本大会第3位入賞する。東京音楽大学卒業時にNHK洋楽新人オーディション合格。読売新聞主催、新人演奏会出演。 ヴァイオリンは、松本善三、田中千香士、両氏に師事。 現在、NHK交響楽団、第2ヴァイオリンのフォアシュピーラーを務める。又、N響メンバーによる室内楽グループ「アンサンブルクラルテ」の第1ヴァイオリン、そのアレンジを担当。東京音楽大学非常勤講師、同付属高校非常勤講師。